フラット35sを足利銀行で借りるには?

フラット35sは、エコ、バリアフリー、耐震、耐久性と言った基準をクリアした新規物件に対応しています。
住宅金融支援機構と足利銀行が提携しているフラット35sについてまとめてみましょう。
融資手数料は15.
4%かかりますが、保証料、繰り上げ返済手数料は0円です。
もちろん物件購入に必要な資金の100%の融資を受けることが出来ます。
一時、バブルの時の反動で経営が苦しいとウワサされたこともあったようですが、住宅金融支援機構との提携で提供されるフラット35sに関しては、かえって、長期固定金利で安定した借入先として選択肢に入れても良いでしょう。
高性能住宅を購入するということは、その後のランニングコストの面から言っても助かりますね。
SBIモーゲージリフォームローン金利は?フラット35!【中古住宅購入】