育毛剤の種類を大きく分けるとどんなものがある?

【育毛剤の種類と季節による効果的な使い方】日本医学育毛協会によりますと、育毛剤の種類は次の3つに分類されています。
<育毛剤の種類>①成分に女性ホルモンを含んだもの。
②フロジン、リアップ、ロゲインなどの、毛細血管を拡張させる成分を含んだもの。
③毛髪力、ペンタデカン、黒誕彩など、毛根に栄養を与える作用があるもの。
これらの3種類のいずれもが、20歳代の若年層の脱毛にはあまり効果が期待できませんが、35歳~60歳の層にはある程度効果が期待できると言われています。
なお効果を上げるためには、次のような上手な使い方が必要です。
<育毛剤の効果を上げるには>①長い間継続して使い続けるのではなく、ある程度たったら一定期間使用を中止する。
②例えば発汗の多い夏はフロジン液などを使い、秋から冬はその他の育毛剤を使うなどして季節によって育毛剤を使い分ける。
m-1育毛ミスト口コミ