火災保険の長期の契約割引が廃止になりました

乾燥する季節。
この時期は火の元に気を付けないといけません。
万が一の時に備えて保険に入っている方も多いでしょう。
これは少し前までは長くて36年もの期間、契約可能な商品だったのですが昨今は日本で大きな災害が多くなってきてるのでとても残念なことでありますが、2015.
10月以降は保険の長期契約と割引が廃止。
という決定になりました。
ですが、最長10年まで入ることができ長く加入すればお得になる事はあるので強制的なものではないので任意になりますが突然の出来事に備えるためにも加入をお勧めします。
自然災害はいつ人を襲うか解りません。
もし巻き込まれでもしたら、人は無力なもので破壊だけが進み、のちにその残骸が残る・・悲しいですが、これが現状です。
そのために、火災保険に加入済み。
という人もいらっしゃるでしょう。
これは火事になった時に使えるだけでなく住宅に関する総合タイプの保険であれば水害や台風の時に困ったことがあっても保険が使えます。
例えば、強い突風が吹き、窓が壊れてしまったなど・・そんな時でも保険でカバーすることができるので、安心が出来ますね。
突発的な災害に襲われることは誰にだって可能性はあります。
ですから、万が一の時に備えて火災保険に入っておくと安心ですよね。
しかし、これは火事の時だけのもので地震が元で発生した火事の場合は保険は使えません。
火災でも保険により分かれているので、注意が必要です。
すべてに備えたいと思えば、専用の保険もあります。
加入されると良いかと思います。
地震専用の保険は料金が高いのがたまに傷ですが年末調整の対象となります。
冬は火を取り扱う事に慎重になりますよね。
しかし、火災は突然起こるものです。
自分の家が巻き込まれた場合家の保険に加入しておくと安心ができます。
それは家を持っている人の話でしょ・・と思われがちですが場合によって賃貸でも住宅保険に加入することが可能です。
総合タイプの物を選べば火災の時だけでなく鍵の紛失、窓ガラスの破損なども保険が有効になります。
が、不動産屋と大家さんによっても違ってきますので賃貸契約をする前に聞いてくことをお勧めします。
家が火事になってしまった・・そんな万が一の時に備えて火災保険に加入しておく方は沢山いらっしゃいますよね。
これは持ち家だけでなく賃貸でも大家さんによって必要な契約なのでいつの間にか入っていた。
というパターンもあります。
けれども、入っておけば万一の時、自分が助かります。
長期タイプの物を一括で支払えば割引もあり短期の物に比べてお得になります。
保険と聞くと、年末調整の事が引っかかると思いますがこちらは申請対象外の物となりますので注意してください。

火災保険だけではダメ?地震保険も入っておこう!【保険金どのくらい?】